「論点思考」の要約|思考のアップデートで仕事効率化!第二弾

スポンサーリンク

上司から言われたとおりに仕事をしたと思ったのに、なぜか満足してもらえなくて、逆に叱られたり・・・そんな、経験をしたことはあるでしょうか? 「論点思考」の著者によれば、それらの原因は「間違えた問題」を解いているということにあるとされています。

論点思考の概要

今回、要約する論点思考ですが、この本は、以前、予約した「仮説思考」でも有名な元 BCG で早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成さんという方が書かれています。

前回の「仮説思考」要約はコチラ↓

「仮説思考」の要約|思考のアップデートで仕事効率化!第一弾

自分自身で課題を見つけ出しその解決法を考える必要があるビジネスの世界の中で、案外、解くべき問題の設定を間違えて、本質とはズレた問題を解いているケースが散見されるという発想から書かれています。

解くべき課題のことを「論点」と呼び、著者の「論点思考」を学び、その解くべき問題を提起するプロセスを解説しています。

では、早速、要約に入っていきますが、皆さんはビジネスで成果を上げるために必要な能と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

多くの人が、顧客のお困りごとを解決して対価・報酬をもらうことがビジネスの根幹と考えて「問題解決能力」と答える方は多いかと思います。

しかし、この本では、事前に設定されている問題がいつも正しいとは限りません。

そもそもの「問い」の設定が間違っていたら、その問いをいくら解いたところで、重い通りの成果を得ることはできません。「真の問題」が何かに気づく力こそが、現代のビジネスパーソンに最も必要な能力と言えます。

この本では、真の問題を解くべき問題のことを「論点」と呼び、自分で論点を発見して、定義付けすることを「論点思考」と呼んでいます。

論点思考力について

問題解決能力が高い人と言うのは「論点思考力」が高い人のことで、これらの能力が高い人は、最初の問題設定が上手いからこそ、鮮やかに問題を解決することができると言えます。

コンサルタントである著者は、クライアントから最初に与えられた依頼について、まず疑ってみるところから始めるように心がけています。

例えば、どのような新製品を開発したらよいかと相談されたら、その論点を中心に思考を繰り返して仕事を進めたところで、果たして本当にクライアント企業の成長に繋がるのだろうかと考えます。

また、グローバルの勝ち組企業から良い提携先を見つけて欲しいと依頼されたら、勝ち組企業と提携することが、果たして本当に良いことなのかと思考を深めます。

上司から課題を与えられた時に、疑問を感じながらも上の言ったことだからと、そのまま取り組むこともあるかと思いますが、与えられた問題が常に正しいとは限りません。

常に、論点の設定が間違えていないかという視点を持つべきで、与えられた問題を疑うことが問題解決をする上では必要不可欠となってきます。

優秀なコンサルタントは、全ての問題を解決しようとはせずに、課題をひとつに絞って、それを解決することに注力します。

これは、多くの企業は、数え切れないほどの問題を抱えていて、これらのすべてを解決するということは、実質的に困難とされているからです。

仕事には期限があって、項数も限られています。そのため、成果を出すためには、解くことで目に見える効果が上がる問題を発見しなければいけません。

しかし、一般企業の場合は、期限や項数に対する認識が曖昧な案件が多くて、目の前にある全ての問題を解こうとしてしまったり、解けそうにもない大きな問題にとりかかってしまっていたりしがちです。

まさにボールだけを追いかけている小さい子供がやっているサッカーのような感じですね。そんな状況が続くと、結果的に、疲弊して全てが中途半端なまま放置されるという現象が起きるのです。

大事なのことは、問題に優先順位をつけて、一つか二つに絞った上で、問題解決を図ることですが、最優先で解決すべき論点を設定することはとても難しく、誰かが答えを教えてくれるわけではないため、自分でどれが本当の問題なのかを判断しなければなりません。

スポンサーリンク
 








 

論点思考4つのステップ

ここで、論点思考が生きてきます。

論点思考のプロセスを整理すると、

1:論点候補を拾い出す

2:論点を絞り込む

3:論点を確定する

4:全体像で確認する

というステップで行っていきます。

常に、この四つのステップを全て行うわけではありませんが、順番通りに行うわけでもありません。時と場合に応じて、必要なステップのいくつかを活用していれば十分なのです。

しかし、注意していただきたいのが1のプロセス「論点候補を拾い出す」という工程を省略することはできません。

本当の論点が何かを探るためには、まず、どんな論点がありそうなのかをリストアップ(論点の吐き出し)をしなければなりません。

それこそが、論点思考の出発点となるからで、問題解決が早い人は、真の論点は何かを常に考え、思いついた論点候補のうち、どれが真の論点なのかに目星を付けていきます。

そして、それが果たして本当の問題解決につながるのかを、顧客や上司にインタビューしたり、自分の頭の中のデータベースを参照にしたりしながら補強していきます。

これさえできれば、まだ、何も解決策を考えていなくても問題解決の9割は終わったようなものなのです。

論点思考の注意点

一方、論点設定に不慣れな人は、いきなり顧客や上司へのヒヤリングを行い、そこで聞き取ったものを構造化しようとしてしまいがちです。

インプットと、構造化を繰り返しているだけでは、本当の論点は見えてきません。

論点思考が難しい理由は、論点候補が無数に存在するというのもありますが、それに加えて論点が動くという性質を持っているからでもあります。

様々な、外的要因や内的要因の影響を受けたり、トップの問題意識が変わったり、優先順位が変化することで、論点は動くことが多くあります。さらに作業が進むにつれて、当初考えていたものよりも本質的な論点があることに気づくことも少なくありません。

例えば、新規顧客開拓や新製品開発のための調査をしてみて、そこから得られる成果が、不確実なものだったらい、本質とは異なっているということが分かれば、そもそも論として、現行商品を既存の顧客にどうやって売っていくののが良いのかにシフトチェンジします。

このように、作業を進める中で、論点というものは動くものなのであり、論点を設定しようとする時には、論点もどきや間違った問題に出くわすこともあります。

そのため、論点らしきものが目の前に現れたら、以下の3点をしっかりと検討してみましょう。

  1. 解決できるかできないか。
  2. 解決できるとして、実行は容易か。
  3. 解決したら、どれだけの効果があるのか。

解けない論点に着手してしまったせいで、道半ばで挫折した経営者や、頓挫した経営改革が過去に数多くあります。ビジネスの世界では、目に見える効果が現れる小さな問題から、着手したほうが最終的に大きな問題解決につながるケースもあります。

まとめ

まず、最初の問いが間違えていたら成果を出すことは不可能なので、真の論点がどこにあるのかを見極める力を養うことが重要ということ。

次に、状況によって変化していく論点を正しくとらえるためには、経験を積んでいくしかないということ。

最後に、論点を設定する時は、解決できるかどうか、解決できたとして十分な成果を得られるかどうかに拘る必要があるということ。

本書は、今、目の前に取り上げられている問題そのものが、そもそも間違えていたらどうするべきかを考えて「問題を解くことよりも、解くべき問題を見極めることが大事」だと言うことになります。

「正しい論点」を見極めるというのは、職人技のように感じてしまいそうで、一朝一夕に身につけられるようなものではないでしょう。しかし、本書を読めば、問題解決のための確かなる「方向性」が見つけることができると思います。

素早い問題解決能力を身につけたいのなら、まずは本書を読むことをお薦めしたいです。是非、本書を手に取って、良い課題設定手法を学びましょう。

以上で、論点思考の要約は終わりです。最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterでも情報発信しています

Twitterでは、日々、お金にまつわるニュースや時事ネタに関して情報を発信しています。情報収集のひとつにでもなるように有益な情報発信を心掛けています。この機会にフォローをよろしくお願いします。

  • 時事ネタニュース解説
  • お金に関わる情報配信
  • 税金に関わる情報配信
  • ビジネスアイデア配信
  • 最新ITガジェット

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です