海外出張・旅行に便利で役立つ【おすすめガジェット5選】

スポンサーリンク

出張や旅行の時に荷物というのは多いと大変ですから、極力、少なくしたいですよね。しかし、スマホ、パソコン、モバイルルーターといった仕事で必ず使う物は勿論のこと、最新の便利グッズは押さえておいて損はありません。私の個人的な見解で、役に立つと思うアイテムや便利だと感じたものをご紹介していきます。

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー

渡航先って結構ひげを剃ったりするのに不便さを感じたりするものです。基本、飛行機の中では、手荷物とかを預ける人は少なくないので、機内にT字のカミソリって持ち込みむことが出来ません。

従って、電気シェーバーを持ち歩くことになるのですが、電気シェーバーあるあるですが、カバンの中で勝手にスイッチが入ってしまうことがあるんですよね。

もし、そんな誤作動を起こして、いざ使おうと思って電池切れなんて起こした際には、イライラ度がMAXになってしまいます。

だからと言って、乾電池式のシェーバーとかだと肌が痛くなる可能性もあります。何かいいシェーバーは無いかと考えている人には、打ってつけなのが、このパナソニックの電気シェーバーです。

この、シェーバーの魅力は、パナソニックが最近出し続けているお風呂でも使える3枚刃の電気シェーバーと同じですが、少し仕様が変わっていて、電源スイッチのところに誤作動を防止するためのロックが掛けられるようになっています。

これまでの多くのシェーバーは、家庭用を想定しているためなのか誤作動防止ロックとかがなかったり、充電の時は充電スタンドを使う必要があったり、持ち運ぶには不向きでした。

その点、この製品はかなり充電の持ちが良く、使い方にもよるが3~4泊であればアダプターが無くても行けてしまいます。敷いて言うならUSBにしてもらうと、もっと使い勝手が良くなったのではないかと思いますね。

リコー RICOH Handy Printer

出張先で印刷したいけれども、印刷することができない状況ってありますよね。例えばノートとか、書き記した文字を印刷したいと思った人は多いと思います。

このガジェットは手で持ち印字したい物体に沿わせることで、直接印字することができます。プリンターは通常、紙を通して印字させることが当たり前ですが、印刷したい文字や画像を専用のアプリで作って、本体にBluetoothで送信します。

後は、印字させたい物体をなぞると印刷されるというシンプルな仕様です。これまでなら、こういう時は、ハンコとかを使っていたのですが、そういう点からいうと利便性が高いといえます。

このHandy Printerだと封筒の宛名をラベルプリンターで印刷する必要もなくなるし、既に作られているイベントのチケットサイトにQRコードを印刷したりもできます。

もちろん、持ち物に名前やロゴを入れることもできれば、壁に直接印刷をすることも出来てしまいます。今は、モノクロでしか印刷ができないが、それでも十分使い道はあるのではないでしょうか。

いくつか難点を言うとしたら、印字する時にヘッド部分が小さいってことと、綺麗に印刷をするには少し慣れと結構コツがいるってところでしょうか。平行に動かすためのガイドなんかもありますが丁寧に動かさないと若干ズレが生じてしまいそうになるって感じです。

少し前までは、印刷データを作成するア時のアプリが、WindowsとAndroidだけしかなかったのですが、iOSにも対応されました。発売直後から即完売で現在は買おうとしても手に入らず待ちの状態もあったりするようです。

KINGOODS 圧縮バッグ

出帳の時に問題になるのが荷物ですが、極力、荷物を持たないようにしたいところですが、それでもある程度は持って移動とかしないと行けないことが出てきたりします。

そこで、少しでも荷物をコンパクトにしたいという方におすすめなのが、衣類などかさ張る荷物を圧縮するバッグです。

圧縮というと衣類などを袋に入れて、掃除機なんかで空気を抜く作業を想像しますが、これはファスナーを締めるだけで簡単に圧縮することができて便利です。

メーカー等が発表している内容を調べると、圧縮した際に衣類の圧縮率は、元の50%で、大きさはA4サイズより少しだけ大きい感じで、持ち運びには邪魔にならないサイズ感です。

VAGO コンパクトコンプレッサー

もう一つ、出張中の荷物を軽減する為のアイテムをご紹介します。手のひらサイズのモバイルバッテリーのように見える形状ですが、こいつは超小型の空気圧縮機になります。

専用の袋が必要にはなりますが、手動で空気を押し出してコンパクトにするよりも遥かに衣類をコンパクトにできます。本体そのものが小さくて、とても軽いため旅行先に持っていっても荷物にならないのが良いと思います。

問題点としては、軽いということもあって、本体にバッテリーは内蔵されていません。従って、使用時する時には給電が必要になりますが、邪魔なACアダプタではなくマイクロUSB経由なので使いやすいと思います。

つまり、旅行に行くときに必ず持っていくモバイルバッテリーに繋げれば使えてしまうというのもメリットだと思います。

小型コンプレッサーなので、空気を抜くのに少々時間はかかりますがが、最初は、手で空気を抜いてから仕上げはコイツを使えば問題は解消できます。

スイッチを入れて放置しておけば空気が抜けた時点で、自動にスイッチがオフにもなるので使い勝手は良いと思います。

海外渡航用電源コンセント変換プラグ

海外渡航をするときの必需品として上げられるのが、渡航先の規格にあったコンセント変換プラグです。国によって規格が異なっていて、対応する規格を持っていないと困っていまいます。

しかし、持ち歩く製品といえばスマホを中心にUSBでの給電が中心になります。当然USB充電アダプタも持ち歩きますが、コンセント形式の変換プラグも必要になります。

基本性能としては、1500Wまでの電力消費量に対応していて、2.4AのUSBポートが3口と、3AのUSB-Cポートが1口備えられています。

スマートチップも内蔵されているため、機器に適した最大スピードで、急速充電を可能としているので効率がとても良いです。私は、MACブックを活用しているので、USB-Cに対応しているためPCの充電にも最適です。

多少、形状としてはゴツゴツした感じもしますが、充電アダプタを持ち歩くことを考えれば一台二役のこちらのほうがメリットは大きいのではないでしょうか。

製品によっては、過電流でヒューズが飛ぶこともあったりするのですが、このプラグは高電流になると、自動的に切断してくれて、電流が正常に戻ると再度接続する永久ヒューズが内蔵されているため、物理的な故障でもしない限り半永久的にヒューズ交換が不要というのも利点ではないでしょうか。

今回は、海外出張や旅行に向けたおすすめのガジェットを5選ご紹介させて頂きました。今後、ビジネスに使えるアプリや、仕事効率を上げるガジェットなどは、私も結構、好きなのでご紹介していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterでも情報発信しています

Twitterでは、日々、お金にまつわるニュースや時事ネタに関して情報を発信しています。情報収集のひとつにでもなるように有益な情報発信を心掛けています。この機会にフォローをよろしくお願いします。

  • 時事ネタニュース解説
  • お金に関わる情報配信
  • 税金に関わる情報配信
  • ビジネスアイデア配信
  • 最新ITガジェット

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Koga Ken
◼︎マーケティングプランナー ◼︎
企業調査士 これまで、企業の信用調査やマーケティングなどの業務を15年間行いながら、現在は、フリーランスとして活動中。 現在は、複数の中小企業と業務提携を行いながら、企業信用調査やマーケティング全般のビジネスコンサルティングを展開。