AirPods Pro レビューとおすすめポイント&小ワザを4つ解説【そして、売り切れなら何処に売っている?】

スポンサーリンク

AirPods Proを購入したので、これから購入を検討している人に向けてのレビューについて行います。高額だけど購入を検討している方や、最近、購入した方にも基本の使い方や、ちょっとした小ワザについてまとめていきます。

AirPods Proがおすすめな人

AirPods ProAirPods シリーズの中でも、音質、デザイン、操作性、機能、スペックどれを取っても従来のAirPods を凌ぐ仕上がりになっています。

やはり、Apple製品だけあってiPhoneとの連携具合などが大きな魅力と言えます。

  • Apple Musicで購入した音楽や動画を高音質で楽しみたい人
  • 普段から比較的にアクティブに運動やワークアウトをする人
  • AirPods を使っていたけど自分に耳には合っていなかった人

今回、私はAirPods Proを購入したので、カンタンな開封動画で中に入っている付属品などをご紹介します。


AirPods 2とAirPods Proの違い

価格の違い

AirPods Proの価格
 →27,800円(税別)
AirPods 2の価格
 →22,800円(税別)

AirPods ProAirPods 2の価格差は5,000円です。

デザインと形状の違い

 

AirPods 2との大きな違いはイヤホンがカナル型(耳栓タイプ)になっているということです。デザインの形状も軸の部分が短くなっています。

初代のAirPods とデザインは変わっていません。カナル型ではなく耳に引っ掛けるタイプなので落ちやすくて、軸の部分が長いのが特徴で「耳からうどん」と言われるくらいに特徴的な形状をしています。

サイズと重量の違い

重量で見たら AirPods Proで51g、AirPods 2で44gになります。

その差は7gなので、ほぼ変わらないと考えて良いでしょう。

どちらのモデルもケースから取り出して耳に装着した時点で起動する仕様になっているので使いやすい仕様となっています。

使用時間とバッテリーの違い

AirPods Pro
  • 最大4.5時間(連続再映)
  • 最大3.5時間(連続通話)

本体ケースに入れて併用して使う場合だと24時間可能となっています。

  • 最大5時間(連続再映)
  • 最大3時間(連続通話)

AirPods ProAirPods 2も再生時間に関しては、AirPods 2の方が0.5時間長い感じで、決定的な差ということではなさそうです。

従って、単純に比較すると音楽をよく聞く(連続再生)を重視する人はAirPods で、よく電話で通話(連続通話)をする人に関してはAirPods Proがおすすめと言えるかもしれません。

充電スペックに関しては、AirPods Proが5分間の充電で1時間の再生と連続通話が可能になるスペックです。一方、AirPods 2の場合は、15分間の充電で3時間再生か最大2時間の連続通話が可能となります。

どちらのタイプも、イヤホンを専用ケースに入れるだけで充電することが出来て、専用の本体ケースはコネクタを差し込むことでケースそのものを充電することが出来る仕組みになっています。

こうやってみると、デザインは好みもありますが重量やバッテリーやスペックなどに、大きな差があるとは感じません。

この僅かな差で5,000円の金額の違いなのかと思うと、あまり魅力を感じることもないと思いますが、圧倒的に違う性能はどこにあるのかを見ていきましょう。

次のページからは、AirPods Proの4つの小ワザまとめをご紹介します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です