副収入を得るよりもある!本当の副業4つのメリットを解説

スポンサーリンク

今回は、2020年から副業に挑戦してみようと考えている人達に向けて、副業をすることで収入的なことよりも「大きい副業のメリット」について解説していきます。

副業の収入以外のメリット

副業には、せどりや、アフィリエイ、YouTubeなど、副業と言ってもいろんな種類があります。今は、数多くのジャンルで会社の勤務時間以外の時間をうまく使ってお金を稼ぐことができます。

会社員をしていてある程度、収入を得ていたら満足とは言わないまでも大きく不満が無いから、今よりも月5万円の収入を取りにいくのも大変そうだからと言うことところで止まっている方も多いと思っています。

現に、私も副業を始める前までは、小銭のために稼ぐことはしなくても、特に収入に不満はないからと思っていましたが、実際に副業をしてみて感じたことは、副業による収入以外のメリットが大きいということです。

今、別に副業などをして小銭稼ぎをしても意味がないと考えている人は、是非、これから紹介する4つの視点を見ていただくことをお勧めします。

労働者思考からの脱却

まず、第一のメリットは、時給でお金をもうらという思考から逃れることができるというものです。
会社に勤めるというのは、自分の時間を売って、その対価として給料をもらっています。

外資系などで成果主義を標榜する企業も多くなってきましたが、それでもやはり雇用契約上で勤務時間というものが定められており、完全な成果主義というのを実現している会社は数少ないといえます。

これは、言ってしまうと会社で適当に過ごしていても給料が入ってくるという意識の低い考えからも出来るわけです。

この間、黒字でもリストラを進める起業も多くなってきて、早期退職を勧める企業も増えています。

黒字リストラに備える3つのポイント解説

一方、副業では時給換算のバイトなどをしない限り、貴方が作り出したコンテンツに対しての価値にお金が支払われます。

同じ価値のものであれば、1時間で作っても1ヶ月かけて作ったとしても価格は同じです。

この価値に対して支払われるという市場に、自分の身をおくと自然に価値ベースで動くようになります。これはどういうことかと言うと、一生懸命に努力すること自体に価値はなく、どのような価値を生み出したかに目を向ける癖がつくということです。

会社員を長くやっていると、価値ベースで生産性について議論をするということを忘れてしまったりするのですよね。



市場における自分の立ち位置が分かる

続いて第2のメリットは、市場の中で、自分が置かれている位置が分かるようになるというものです。

会社員として働いていると、○○会社に所属する一員という範囲からは抜け出ることありません。そのため、あなたを測る評価軸に必ず会社名という看板が乗っかります。

少し残酷な言い方をすると、会社の看板で仕事をすると、あなた個人よりも○○会社の人という認識をされることの方が多いと思います。

一方、副業の世界では、あなた自身の看板で勝負をしていく必要があります。

これは、人によっては現実を受け止めたくない状況になるかもしれませんが、反対に言えば副業で一定の評価を受けた場合、会社の看板は利用していないので、自分ひとりだけの功績になります。

つまり、自分自身が世の中の市場で、どのように評価されているのかというのが明確に出てくるということです。

もちろん本業で仕事をしていた業界の延長上で副業をするケースもあるので一概に言えるものではありませんが、これまで、会社の看板をどれだけ利用して仕事をしていたのかを知り、自分自身の評価を知ることは重要だと思います。

総合的な仕事力が身に付く

三つ目のメリットは、総合力な仕事力が身に付くと言う事です。それは、ビジネスにおける人、物、金の全体の流れが見えるということです。

会社員っていうのは、基本的に部署などが決まっていて、分業制が敷かれています。

その所属する部署には、企画、営業、経理など一定の役割とミッションがあります。あなたが所属しない他の部署にもそれぞれ役割とミッションがあります。

一方、副業をすると自分のスキルや自分の時間も含めた自己資産をどこに配分するのかといったことや、何か新しいコンテンツを新しく作る場合何を考えるべきか、また、儲けが出た場合は、税金をどのように納めるべきなのかという、会社が行っている一連の流れを一人で担当することになります。

当然、これを外注してしまってもいいのですが、その場合でも、どこの業者に予算をいくらで出すのかと言った基準を作りが重要になります。

これらのことも、人によっては大変な作業になりますが、 今いる会社における自分自身が置かれた状況を再認識することができると思います。

会社と対等に向き合うことが出来る

四つ目のメリットは、会社と対等に向き合えるということです。

これは、自分自身が市場からどのように評価され、何を成し遂げることが出来て、どのような価値を生み出すことが出来るのか。

今、自分が在籍している会社を見つめ直して、このまま働くことで何を提供することができるのか、また、残らない場合、どこに行けば自分の価値が最大化することが出来るのかが分かってくるようになります。

そこで自分の価値を正確に分かっていれば、仮に会社から不当に扱われている状態にいたとしても、そこに疑問を持つことができます。

そして、今いる会社だけが全てではないなく、会社の外に出るという選択肢も浮かんできます。

当然、会社と喧嘩をしたほうがいいなんてことは全く思わないのですが、会社だけに依存した形で、今の会社を辞めたら最後のような感じにはしないことが重要です。

大切なのは、自分自身の価値は、自分自身でしっかりと評価をしていきましょう。



まとめ

今回は、副業を通じて副収入以外にも大きなメリットがあるという点で、メリットを上げて行きました。

正直言って最初はきついと思います。今、働いている会社以外で、自力で稼ぐという時には、最初の1円を稼げるようになるまでが大変だと思います。

しかし、最初の1円を稼げるようになってきたら次の100円、1000円といった具合に増えていき理論的には1万円も稼げるようになります。

副業で稼ぐというのは、大変ですが是非、楽しんでやっていただくのが良いのではないかと思います。自分自身で目標を立てて、紆余曲折しながら目標に進んでいる状況を楽しみながら出来る位が言いと思います。

何の副業からしたらいいのかって言う方は、過去におすすめ副業などを紹介している記事もあるので参考にしてみて下さい。

初心者にオススメできる副業とオススメできない副業10選

また、副業などを始めると、それらの状況をツイッターやSNSなどで、自分の進捗情報を発信してもらったりしながらやるとコミュニティが出来てくると思うのでいいと思います。

何よりも、副業を行うことで、今、自分が働いている職場において、自分の何に対して給料が支払われているのか・・・会社が自分に求めていることは何か・・・など会社と自分を俯瞰して自分を見ることができるようになります。

これは、どんな参考書を読むよりも何倍も身にしみて実感することが出来るので良いと思います。

今年から副業に興味はあって、やってみようと思っているけれども、まだ踏み出せていないという方は、この機会に副業に挑戦してみても良いのではないでしょか。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Koga Ken
◼︎マーケティングプランナー ◼︎
企業調査士 これまで、企業の信用調査やマーケティングなどの業務を15年間行いながら、現在は、フリーランスとして活動中。 現在は、複数の中小企業と業務提携を行いながら、企業信用調査やマーケティング全般のビジネスコンサルティングを展開。