年金って結局どうなの?「年金2000万円問題」から見る「老後の不安」との向き合い方

スポンサーリンク

「年金2000万円問題」が出てから年金ってどうなるの?という質問をいただきます。今回は、結局、年金はどうなるの?から「老後の不安」の向き合い方と2つの観点から解説していきます。

結局、年金は大丈夫なのか?

金融庁が年金制度は限界なので、国民の皆さんは自分の力で頑張ってくださいって発表した「年金2000万円問題」ですが、これは、政府が年金公助の限界を認めて、国民の自助努力でどうにかして下さいと呼びかけた内容です。

この話をポジティブに捉えると、私たち国民は、若いうちから資産運用してお金を貯めて、長く働けるようにすれば、人生上手く行くと思いますよっていう話なのです。

「そりゃそうだろう」と思いますが、なかなか、我々、市民の感情を刺激するポイントが多いので、各メディアを通して多くの議論を生んでいるニュースです。

今回は、この問題を通じて「結局、どうすればいいの?」という話をして行きたいと思います。まずは、この話のどこが問題なのか・・・どのポイントに対して、我々は憤りを持つべきなのか・・・

全然、年金制度のことなんて良くわからないっていう人が、不安に思われていることと言うのが「本当に年金制度は破綻してしまうのか?」のかということではないですかね。

結論を言うのであれば「年金制度が崩壊するわけではありません。」年金制度が、崩壊してしまうという事は、我々が、社会保険料という形で、国に納めているお金が全く戻ってこないという状況です。

さすがに、そこまでの時代にはならないと言うのが私の見解です。金融庁からの発表も見れば分かりますが、1円も払えないわけではなくて、今の高齢者の世代より受け取る金額が減りますと言う事です。

今までは、大丈夫だったけれども、これからの世代の人たちの老後は国からの年金だけでは、満足な生活水準を保つことが出来ないということが書かれています。

具体的な金額で言えば、一般的な家庭で毎月5万円程のお金が足りなくなるということが書かれています。従って、崩壊というよりも年金は貰えるけれども、今の世代の人が受けている金額よりかは、目減りしてショボくなりますよっていうのが正しい認識です。



会社員はどうしたら良いのか?

この貰える年金が目減りするというのは、現在の年金制度が、高齢者を現役世代が支えるという仕組み(賦課式制度)になっていて、さらに、猛烈なスピードで少子高齢化が進んでいるので、仕方がない状況でもあると思います。

そこで、本題としてサラリーマンは、どうすればいいのかという話をして行きます。私からお伝えしたいのは以下の二点だけです。

まず一つ目は、詐欺に引っかからないこと。

私が予想する未来として、これからは考えなくてもできる資産運用とか、誰でも稼げる不労所得とか、そういうスグに誰でも稼げる系の詐欺が今よりも増えると思います。

特に、国が公に社会保険料を納めているだけでは無理だから、各自それぞれが自助努力して資産運用して下さいと言っているわけですからね。しかも、こういう時代の変化っていうのをいち早くキャッチして、上手く活用するのが残念ながら詐欺師なのです。

例えば、「国とか政府が資産運用した方がいいですよって言っているわけですから、この資産運用はおすすめですよ」みたいなセールストークで、詐欺的な話を持ちかけてきます。

普通のサラリーマンの方は真面目に、将来のことを考えているからこそ騙される可能性が高くなるわけです。例えば、節税になるからと「ワンルーム不動産の投資」を提案したり「AI やロボットを活用したノーリスクの資産運用」等、この辺の話は、本当に気をつけてください。どこからか舞い込んでくる話なんて言うのは、ほぼ100%の割合で詐欺と考えても良いと思います。

基本的には資産運用すると言っても、ベーシックなもので十分だと思います。例えば金融庁が推奨している「iDeCoイデコ」とか「積立NISA」とかが効率的な資産運用だと思います。

iDeCoのメリットについてはコチラ↓
iDeCo・イデコ(確定拠出年金)のメリット・デメリット解説

国としても税金の優遇をしてくれますので、資産運用をしようと思ったらまず「iDeCoイデコ」か「積立NISA」を検討してみてください。しかし、金融庁の発表でも注意する点があるとすれば、長期的に付き合える金融機関に頼りましょうというようなことが書かれています。

これについては、多少の疑問を感じます。今の時代、資産運用する時に、金融機関の口座などは必要ですが、必ずしも窓口に頼らなくてもネットで十分に情報収集は出来るということです。

金融機関に頼っていたら、無駄な手数料などが取られて、カモられるパターンも多いですし、大手の銀行だから言って、必ずしも我々に利益を保証しているわけではありません。

大企業であったとしても、法律では裁かれたりしない程度のレベルで、金融商品を販売しているケースは多々あります。少し前に「郵便局の保険不適切販売」などに関しては、皆さんの記憶に新しいのではないでしょうか。

結局、大手だから絶対に安心だという考えは持たないことが騙されない一つの秘訣だと思います。



そして二つ目は「細く、長く、働く」こと。

あと、もう一つお伝えしたいメッセージとしては、長く働くっていうことを、考えてみていただきたいと思います。こんなこと言うと、そんなの絶対嫌だと思われるかもしれませんが、私が言いたいことは、長く続けられる「自分のビジネス」を持って働くということです。

前項でも言いましたが、我々が老後に不足するお金っていうのは、毎月5万円位と言われています。だからその5万円さえ何とか出来る算段さえあれば、大そうな起業や投資などをする必要はないということです。常に安定して毎月、自分のビジネスで5万円が稼げる小さな商売でも十分なのです。

この自分で判断できるビジネスということが大事で、仕事の楽しさって言うのは、自分の判断で仕事の成果をコントロールする所が重要で、その判断の舵を握っていることが大切だと思います。

例えば、私なんかはこうやってブログで記事を書いたり、動画やSNSでテーマを決めて配信して行くビジネスっていうのも面白いです。

自由に働ける仕組みを自分で作って行かないで、もし、サラリーマンだけで頑張って預金をしたとしても、老後に待っているのは、その預金を「切り崩す」生活しかないのです。

この「切り崩し」だけの生活は、結構しんどいと思います。仮に、結構、預金があっても人間というのは、ただひたすらに金融資産が目減りしていくだけの状況に対して、かなりストレスを感じる生き物なのです。

人が何故、お金を欲しがるのか…それは、お金が欲しいのではなく本質的には「安心」が欲しいのであって、右肩上りになっている時は「安心」があるのですが、右肩下がりの状況だと強烈に「絶望」を感じるようになっているのです。

だからこそ、お小遣い程度でも良いので、自分が楽しいと思えるスタイルで、長く働いて自分の資産を目減りする形にしないようにするのは、とても大事なことではないかと思います。

是非、定年退職が見えてくる六十歳ぐらいまでに、自分で稼げるビジネスの構築ができる方法がないか考えてみてほしいと思います。今回は、年金制度は結局どうなのって視点から解説させていただきました。

二つの要点に関するまとめ

金融庁から年金制度が、今後はショボくなって行くということが、想像以上の速さで進んでいきます。そんな中で、大事だと思うことは「騙されないこと」と「長く働くこと」この二つだということです。

詐欺に引っかかってしまったら、全ての資産を失ってしまうこともあります。本当に気を付けていただきたいです。そして、「長く働く」ということに関しては、人生100年時代と言われている今の時代に、「自立して稼ぐ」というのが最も大切な考え方だと私は思います。健康寿命が延びたことを悲観的に捉えて「そんなに生きてどうする」と考えるのではなく、存分に楽しむために「長く働く」これがやっぱりキーワードになってくると思います。

もちろん奴隷のような体を酷使して、労働的な収入で我慢してという感じではなく、自分の判断で進められるビジネスを育てて「細く、長く、楽しく」働くことが経済的にも精神的にも多くの問題を解決してくれることでしょう。



年金は支払う方が良いのか?

金融庁の2000万円問題の発表が出てから「年金は払うべきでしょうか?」とか、「年金はもう払わない」等、悲観的なメールやコメントも頂きます。

私としては、人生を楽しく余裕のある老後を過ごすために「細く、長く、働く」ということが大切だと考えています。「結局、年金って払ったほうがいいの?」っていう質問に対して、個人的な結論をお答えしようと思います。

年金は払った方が良い理由

私、自身の結論を2点の観点から申し上げると・・・

①我々が生きているうちに年金制度が崩壊するようなことはありえません。

年金を払ったほうがいいのかって不安になっている方いますが、結論は払ったほうがいいです。年金制度は、今後、貰える金額などは減少する可能性は否めませんが、減少したとしても年金を払わない方がいいなんてことはありえません。

②マスコミのポジショントークに必要以上に煽られてはいけない。

これは推測の範疇ですが、この一連の年金制度崩壊2000万円の預貯金を蓄えておくようにした方が良いという切り口のニュースが増えています。これらの内容が、各メディアで取り上げられているのは、スポンサーに保険会社や銀行が付いているケースが多いです。こういうポジショントークには必要以上に煽られないようにした方が良いです。

金融庁は、年金の破綻を一言も言っていない

少し掘り下げてお話していきますと、まず年金制度は我々が生きているうちに、崩壊するわけがないって話ですが、まず前提として、問題となっている金融庁の発表の中でも、年金制度が破綻するということは何処にも記載されていません。

そもそも、年金制度の管轄っていうのは金融庁じゃなくて厚生労働省なので、別の省庁なので、金融庁が年金制度は破綻するなんて言うことは出来ません。

是非、皆さんに知っといて欲しいのは、今の高齢者が手にしている年金というのは、我々が支払っている給与明細から社会保険料っていう名目で引かれているもので、この社会保険料だけで賄われているわけではなく、先日、増税された消費税などからも賄われているのです。

少子高齢化と年金問題について

社会保険料と税金の割合は、ざっくり言えば、半々ぐらいで、恐らく皆さんが抱いているイメージよりも結構、税金で賄われています。今後、少子高齢化が進んで、社会保険料を支払う現役世代が少なくなったからといって、それがそのまま年金制度の崩壊に直結するということではありません。

少子高齢化というのも、突然、災害のように訪れるわけではなくて、人口の推移とかを見れば、結構、精度を高くして予測することができるわけです。そして、その予測をもとに、政府が超少子高齢化時代に突入しても年金を我々に支払うために、現時点で約150兆っていう金額の積立金を持っています。

しかも、現時点では、その150兆円以上の積立金には、ほぼ手を付けていないということで、現役世代が支払っている社会保険料と税金だけで、現在の高齢者の年金は、支払いが出来ているのです。



まとめ

こんな感じで、我々、現役世代が支払う社会保険料だけではなく税金もあります。150兆円以上の積立金もあるので、我々が、生きている間に、年金制度が破綻するということは、ほぼ無いと言っても良いくらいだと思います。

中には、年金制度は、崩壊までは行かないかもしれないけれども、年金として貰えるお金自体は、自分が納めた金額よりも少なくなるのではないか?って不安に思われている方もいるかもしれません。

これに関しても、結論で言うと「それでも払った方が良い」です。

年金を支払わないことのリスク

私の見解としては、今の現役の高齢者が貰っている金額よりは少なくなることはありますが、それと同時に年金を貰える期間(長寿化の影響)でトータルで言えば、同じくらいは貰えるのではないかと予想しています。

まぁ65歳から貰い始めて66歳とかで死んでしまったというイレギュラーなケースでは、支払い金額に対してもらえる金額が少なくなるのは当然ですが、今後、人生100年時代と言われていることを踏まえると、普通に生活していたら八十歳ぐらいまでは、嫌でも生きるわけです。

更に、年金を支払っていないと、もし何かしらの不慮の事故や、不運に見舞われて障害を患ってしまった時に「障碍者年金」という制度の適用外になります。

従って、年金を支払わないのは避けた方が絶対に良いです。もし、仮に、今はお金が無くて困窮していて支払いが出来ないとか、何かしらの事情がある場合は「免除」という制度があるので、必ず手続きをした方が良いです。

そもそも保険と言うのはギャンブルである

また、年金崩壊と言うようなニュアンスで一連のニュースに乗せられて、国が仕切っている社会保険が不安だから、民間の保険に入ろうという勧誘も後を絶ちません。年金制度崩壊の一連のニュースを切り口にして、保険会社や銀行などがセールストークをしてくるのは常套手段です。

そもそも、保険と言うのは「自分が長生きする方にベットするギャンブル」なので、これからの時代75歳ぐらいまでは、嫌でも皆さん生きてしまうわけですから、イレギュラーなケースが起きない限りは、年金を払わない方が逆に損をする可能性の方が高いと考えた方が良いと思います。

通常の制度だけでは不安が解消できないって方の場合は、iDeCoイデコや積立NISAを検討してもらって、最終的には、「細く、長く、働く」ことが、根本的な解決になるということをお伝えしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterでも情報発信しています

Twitterでは、日々、お金にまつわるニュースや時事ネタに関して情報を発信しています。情報収集のひとつにでもなるように有益な情報発信を心掛けています。この機会にフォローをよろしくお願いします。

  • 時事ネタニュース解説
  • お金に関わる情報配信
  • 税金に関わる情報配信
  • ビジネスアイデア配信
  • 最新ITガジェット

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です