学校では教えてくれない「お金の教養」 お金の基本編

スポンサーリンク

「お金」という言葉を耳にした際みなさんは 何 を イ メ ー ジ するでしょうか。日本で は 「お金」という言葉は決して 「良い」イメージをともないません。江戸時代の時には、武士の中では 「お金」を不浄なものとされていました 。

お金は不浄であるという考え方は、昨今の人々の「経済」への関心が高まってきました。特に、新型コロナウイルスのコロナ禍の影響から、仕事への不安や将来のお金のへの不安など、お金に関する不安を解消するために、副業が盛んになったり、投資商品が盛んになったりしています。

もはや、これまでの終身雇用精度や、年功序列が崩壊していることは、大きの方が気づいている実情だと思います。

これからの日本経済はどうなるのか、Ю年先に 「私たちの給与や収入はどうなる のか」といった不安に、人々はさいなまれるようになりました。

以前、経済誌のプレジデントが「日本人の中で年収1000万の生活が一番しんどい」というような記事を発表していました。

日本人の中で年収1000万の生活が一番しんどい理由

これらの記事から分かるのは、収入があることは良いことではありますが、人よりも多くの収入をえていようが幸福を感じる訳ではありません。

お金を稼ぐことは全然良いですし、私も好きですが、お金に振り回されて溺れてしまっては意味がないということです。

そんな、お金に振り回されない、私たちの生活のゆくえを見定め、自分そして家族の人生を賢くかじ取りするには、まずは「お金」の動きと働きを、正しく理解することが不可欠です。

本書が、そのための 一助、ナビゲーターとなることを願 って、私は、この書籍をまとめました。

これまで、お金にまつわる経済書籍を500冊以上を読みあさって、自分自身や家族の生活マネージメントを行い、そして、ファイナンシャルプランナーの資格を取り、これまでに10年間以上に渡って、副業などの資産形成に関わるカウンセリングを延べ10万人以上に関わってきました。

「お金に関心はあるけれど苦手・・・」という金融リテラシーが追いつかない人が多いのは、何も少数派ではありません。

なせなら、お金や金融に関することは学校では教えてもらえないのです。

私自身、お金や税金のことは大人になったら、どこで知るようなことだと思っていましたが、大人になっても、自分から積極的に自分から知りに行かないと「お金オンチ」は解消されません。

私は、そんなお金オンチを盾にしている人や、お金オンチを利用している業者を多く存在することも知っています。

今回書いていている「学校では教えてくれないお金の教養」については、知らない、分からないと、 はじめから逃げ腰にな っている人たちに、お金の知識欲を刺激するよう工夫を凝らし ました。

おかげで、さまざまなことに気づかせてくれる 一冊とな っています。

図解で わかりやすく、かつ楽しく学べるよう極力専門用語を使わずに工夫されているので、特に新社会人におすすめだと思います。

経済にかかわる話のエッセンスは、実のところ 「お金」の 一語に尽きるのです。

そんなわけで、人々の経済 への関心が深まるにつれて、「お金」は不浄どころか、日本の、そして世界の経済と社会を考えるにあたつて欠かせないキーワードとなりました。

日本や世界の経済の今後を占い、私たちの生活のゆくえを見定め、自分そして家族 の人生を賢くかじ取りするには、まずは 「お金」の動きと働きを、正しく理解するこ とが不可欠です。

本書が、そのためのナビゲーターとなることを願 っています。

こんな人におすすめ
  • 新社会人でこれから資産形成をする人
  • お金を貯めたいと思っている人
  • 副業などで収入を増やしたい人
  • 将来の資産計画を考えている人
本書の内容
  • PDF形式の51ページ
  • 文字数は約2万文字
  • ダウンロード形式
  • 価格400円
400¥ – カートに追加
スポンサーリンク

ABOUT US

Koga Ken
◼︎マーケティングプランナー ◼︎
企業調査士 これまで、企業の信用調査やマーケティングなどの業務を15年間行いながら、現在は、フリーランスとして活動中。 現在は、複数の中小企業と業務提携を行いながら、企業信用調査やマーケティング全般のビジネスコンサルティングを展開。